パネルシアター(つづき)



このパネルシアターは、作り手の創意工夫でビックリする
ほどの作品ができあがります。

その一つが、蛍光塗料で書いた絵にブラックライトをあてると
幻想的な世界観をかもし出します。

今回のお寺さんでは、芥川龍之介の「くもの糸」を演じました。
くもの糸も白い毛糸をパネルの上から、スルスルと引っ張り
出すと、ブラックライトの光で青白く光って、ゾ~とする
臨場感があります。

いつもは恐ろしいくらいの低い声で、語りも同時にしますが、
ご住職のご要望もあって朗読を老齢の檀家さんがされました。

この方の「語り」が何とも雰囲気があってすばらしかったです。
上手という意味ではなくて「丁寧」なのかもしれません。
一言一言間違わないようにゆっくりと誠実に語られるのです。

声が決して良いわけでもなく、プロのような技術的なテクニックが
あるわけでもなく、本当に一生懸命に語られました。

パネルの視覚的な効果もさることながら、この方の丁寧な朗読に
皆さん拍手大喝采!!

人間は慣れてくると、手を抜いたり、いい加減になりがちです。
勉強させていただきました。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください