秋の寂しさ



早いもので11月になってしまった。

「秋深き 隣は何を する人ぞ」

秋もだんだんと深まってきて、静けさの中で隣の家からは
物音一つ聞こえない・・・どんな暮らしをしているのだろう?

芭蕉は、秋の寂しさ人間の孤独を表現したかったのだろう・・・。

自分の心に冷たい風が吹いてくると、いろいろと不安になってくる。

自分がどう思われているのだろう・・・?
こんなことをして、馬鹿みたいに思われていないだろうか?
悪口を言われていないだろうか・・・?

考え出すと余計に心配になっていく自分・・・。

でも、人は自分に対して思っていない!

自分が思っている以上に、回りの他人は気にしていないし、
自分に興味をもっていないのだ。

もちろん第一印象で、あなたの気にすることは感じるだろう。
そして、そのことについていくつかの話題が成立するかもしれない。

でも、それで終わりだ。自分が必要以上に意識が強くなり始めると
回りの目も気になりだしてしまう。

水鏡に映った木々の葉は、あと1週間もすればなくなってしまう。
でも、枯れた木々も春にはかわいらしい花でいっぱいになる・・・。

全て世の中は移り変わっているのだ。地位や名誉や財産、そして
人の心も、時がたてば変化していく。

「諸行無常」仏教の基本にある教えだ。

一時の感情にとらわれて、それが絶対であるかのように思いこんで
しまうことは、とても愚かなことであると仏はいう・・・。

だから、あなた・・・がんばってね!!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

7 Responses to 秋の寂しさ

  1. 田楽 のコメント:

    ただ一瞬に過ぎ去る
    「平家物語」の書き出し、祇園精舎の鐘の声    諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
    ○年前に国語の先生が暗記しなさいと言われて、意味もわからずに暗記した覚えが… 

  2. yuka のコメント:

    Unknown
    電車の中で偶然見つけた和尚さまのブログ。思いあたることもあり涙が・・・。自分のことみたいで心にしみます。

  3. 和尚 のコメント:

    田楽さま
    そうそう・・・暗記させられました。
    何で暗記をしなければいけないのかて、疑問に
    思っていましたが、いまになって思えば
    大切なことだったのかもしれませんね。

  4. 和尚 のコメント:

    yukaさま
    涙の数だけ幸せになれますよ・・・

  5. バナナ牛乳 のコメント:

    こんばんは
    最後の三行、心に沁みました。

    先日の土曜、数分だけですが
    中を見学させていただきました!
    たぶん、ここかなーって感じで……
    時間が殆どなく、すぐ移動したのですが
    とても美しい庭などに感動しました(´;ω;`)

    また時間をたっぷりとって訪ねたいと思います。
    冬のお寺も美しいんだろうなあ。

  6. 和尚 のコメント:

    バナナ牛乳さま
    残念だな・・・。
    よくわかったね~~

  7. Buy oxycontin online. のコメント:

    Buy oxycontin online.

    Buy oxycontin online.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください