弘法にも筆の誤り



弘法大師さまのもう一つのことわざに「弘法にも筆の誤り」
というのがあります。

弘法大師のような書の名人でも、間違いを起こすことがある。
つまり、「猿も木から落ちる」と同じで、「どんな人間でも
間違いは起こすもの」という慣用表現です。

この「ことわざ」も、実は本来の意味から変わったものな
のです。

今昔物語集に載っている話で、空海が勅命で京の都の
応天門にかかげる額を書くようにと頼まれました。

「応天門」と書き上げ、設置しましたが、よく見ると
「応天門」の「応」の字の「心」という部分の点が1つ
足りません。

書の大家として有名な空海が、大失敗をしたということで、
これが、”弘法にも筆の誤り”の顛末です。しかし、この話し
には続きがあります。

どよめいた民衆を前に、空海は驚いた様子もなく筆を手に
取ると、その筆を、設置してある額に投げつけたのです。

すると、その筆は見事に「心」の足りなかった部分に
命中して、額が完成したというのです。
こんな感じかしら?

それが「弘法大師は、常人とは違う」という褒め言葉
として使われるようになったのです。しかし、あまりにも
現実的ではないので、「どんな人間でも間違いは起こすもの」
という意味がクローズアップされたようです。

もちろん、この話しは本当かどうかは、わかりませんし
後世の方々の粉飾もあるかと思います。

でも、「心」の字を間違えるところなど、何とも憎い「演出」
ということで、我が身を振り返ることにしましょうね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください