弘法は筆を選ぶ?



世の中には書道の達人がいらっしゃいます。

豊臣秀吉や良寛なども独自の風合いがあって
すばらしいですが、主に平安時代に活躍した空海、
橘逸勢、嵯峨天皇の三人を「三筆」と呼んでいます。

空海とは弘法大師さまのことで、「弘法は筆を選ばず」と
いう、ことわざがあります。

「書の上手い方は筆の善し悪しを選ばない」という
意味で、どんな世界でも達人ともなると、悟りを
開いているために、道具の善悪や回りの細かいことは
関係ないんだ、というふうに捉えています。

しかし、これは間違いで、弘法大師さまは、筆への
「こだわり」があって、良い字を書くには、良い筆で
ないとダメだと言うのです。

つまり「弘法は筆を選ぶ」ということになり、かなりの
収集家でもあったようです。

贅沢とはでなくて、物事を追求してためには、いい加減な
妥協は許さずに、さらなる奥を深めていくために、どんなに
小さなことでも細心の注意と研究を怠らない・・・。

それが、弘法大師さまの人生観でもあったようですね

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください