韓国の花まつりを訪ねて(その1)



韓国へ檀参旅行へ行ってきました。
お釈迦様の誕生日である「花まつり」は4月8日ですが、
韓国では旧暦にあたるために5月の24日になります。

檀家さんをお連れして海外に出るのは、今回で2回目。
1回目は、弘法大師ゆかりの地である中国の西安へ行きましたが、
人数が多いと海外では大変なので、今回は20名限定です。

2002年に開催されたサッカーのワールドカップ時に、
仁川国際新空港が開港しましたが、日本との間では羽田=金浦間の
シャトル便が飛んでいるので、その飛行機で早朝出発。
それぞれの中心地に近いので時間の節約になります。

到着して(韓国語でも「トウチャク」て言うみたい)ソウル
市内の曹渓宗「曹渓寺」(チョゲサ)へ参拝です。
なんと賑やかなこと・・・。

境内は、たくさんの信者さんや観光?の人であふれ、自分の
願いを書いたカラフルな提灯が一杯です。お寺でも「世界平和」を
祈って1灯奉納。ちなみに300円くらい。

提灯の中には、真っ白なものがありますが、これは新しく
亡くなった方への供養の意味があります。
日本の新盆の提灯と同じ感覚です。

もちろん本堂前には、すこぶる大きい花見堂が。お釈迦さまの
誕生仏も日本の5倍くらいでしょうか?柄杓も同じで必ず
両手を添えて持ちます。目上の方に何かを差し出したり握手を
する時も韓国の方は、片方の手を添えるのと同じなのでしょう。

日本では甘露の法雨が天上から降ってきたという故事にのっとり
甘茶をそそぎますが、韓国では、水をかけることにより、この世に
生まれたお釈迦さまの身体を洗い礼を尽くし、その行為によって
自身の業を、洗い流すといわれています。

もちろんお参りの仕方も日本のそれとは違い、地に頭をつけ何回も
礼拝して祈ります。

(続く)

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください