坊主丸儲け?



毎週発行されている週刊誌に掲載された記事・・・。

世間では「坊主丸儲け」の印象が強く、ビジネスなどと
書かれると、またまた「丸儲け?」「生臭坊主?」という
思いを持つかもしれない。

しかしお寺の事情というのは、決して楽観的なものでは
なく、むしろ危機感のほうが強い。将来的には廃寺や
合併もあるだろう。

檀家制度や葬祭の意義が急激に変化しているなかで、
寺院が生き残るための新しい模索として、いろいろな
ことにチャレンジしていると捉えてほしい・・・。

お寺を維持運営していくことは、世間で思っているほど
楽なことではないのだ。

あるブログの中で、仏の教えだけを伝えれば良いみたいな
意見があったが、平成に入ってから世の中が急速に変化し
始めて、「変わらない大切なもの」を伝えるだけでは、
生き残ることはできない時代になっているのだ。

定番の写経、座禅等の他にも新しい仏教コンテンツを考え
出すために、実はお坊さんは悩んでいるのが実情だ。

仏さまのありがたさを説くのではなく、自分の言葉で伝え
たい。「このお寺のためなら・・・」と思って、仏教の
すばらしさに気づいてもらえるようにと、日々模索が続く・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

12 Responses to 坊主丸儲け?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください