ビックリですよ~



1本が100万円もする南部箒の技術・素材が、
一本に凝集している「ホウキ」・・・。

和尚が使っているのは、和服用のはけホウキ。
最近の葬儀は、会館などが多く多分掃除をして
いないので、タタミの場所で衣をたたむと、埃や井草の
細かいゴミ、髪の毛などがついてしまいます。

これが、細かすぎてなかなか、とれない落ちない・・・。
また、セーターなどの毛玉なども簡単にとれてしまう
逸品です。
(注:毛玉を取るのではなくて元に戻してくれる?)

昨今いろいろなブラシや機械がでていますが、日本の
道具のすばらしさ・・・これに勝ものはありません。
職人さんの手技によって作られた縮れた穂先の工夫で、
布地に艶がでてキレイに甦ります。

自然の草でできているので静電気も起こらず快適です。

「ハケほうき」といっても良いものは20万円もします。
ちなみに和尚が買い求めてものは2万円。買ったときは
後悔していたけど、5年以上も使っているので
結果の満足度と合わせると良かったかな?

たかが箒されど箒・・・とれないゴミで困っている
方にはお奨めだと思いますが・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください