氷上の戦い



一度は見てみたいと思っていた世界フィギュアスケートに
行ってきました。

女子のショートプログラムで韓国のキム・ヨナが1位。
安藤美姫が2位、優勝候補筆頭の浅田真央は、連続ジャンプを
ミスして5位となりました。
何か大きなことをしてくれそうな感じがする中野友加里は
7位でした。

会場に入ってビックリしたことは、思いのほか暑いこと・・・。
音楽のスピーカーがスゴぶる音が悪いこと・・・。
安藤美姫が、ほっそりとスマートになっていたこと・・・。
減量の成果か?テレビでは太めに映るのか・・・?
出場選手が45人もいて朝から行われていること・・・。
素人が見てもトップレベルの人の水準が驚くほど高いこと・・・。

和尚は、真っ直ぐに滑れるくらいの素人ですが、ランキングの
低い人とファイナルに出場する人は、明らかにレベルが違います。

浅田真央のスパイラルはブレない、キム・ヨナの音楽を自分の
ものとして表現することのうまさ・・・16歳とは思えません。
安藤美姫も気合いが入っている感じが伝わってきます。

今日のフリーを頑張ってもらいたいですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

5 Responses to 氷上の戦い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください