バカラの灯り



“The Crystal of Kings”と呼ばれれるクリスタル
ガラスのトップブランド「バカラ」。

創立240周年を記念して作られた高さ5㍍、
幅3㍍、パーツ総数8086ピース、ライトの
総数230燈、世界最大級のバカラ製シャンデリア。

温かみのある灯りは綺麗だけれど、和尚の日常生活に
あまりにもかけ離れているからか、何だかピンとこない。

でも、京都の町の一角にオールド バカラ専門店がある。
今から100年ほど前に制作されたバカラの製品を
扱うアンティークなお店だ。

グラスはもちろんのこと花瓶やテーブル・ウエアの
小物系のクリスタルが並べられている。
その製品の重厚さは、今のものと明らかな違いがあるの
がわかる。

もちろん製品の精度としては劣るのかもしれないが、
趣は比べものにならない。
といっても気軽に買える金額とは、ほど遠くゼロが一つ
多い感じで・・・

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください