アザブジュバン~



クラブガストロノミック・プロスペール・
モンタニエが主催する晩餐会にお招きされて
行ってきました。

この会は、偉大なるシェフ「プロスペール・
モンタニエ」の没後、彼を敬愛する友人達により
興され、格調高いフランス料理とその素材の品質を
守り向上させることを目的とした会です。

毎年、東京の各ホテルが会場となり、総料理長を始め
ホテルをあげて、最高のフランス料理のサーヴィスが
おこなわれます。

400人近い参加者は、シェフ、食材などの料理関係者
ばかりで、赤いリボンの勲章、紫のリボンの勲章と
なかなか頂けないフランス料理人として名誉のある
勲章を皆さん首からぶら下げています。

若いフランス料理の見習いシェフが表彰され、フランス
本部の会長ギイ・ラモウ氏のご挨拶。
ほとんど言葉は不明。最後の「Merci beaucoup」しか、
わからない。

そして、ホテルの伊佐武総料理長からメニュー、違う
違う「ムニュ」の説明後にお料理開始。

説明をされると、それぞれのお料理がいかに手をかけた
ものかがわかる。力強いソースとモンタニエの「おいしい
料理は最高の材料でしか作られない」そんな言葉が聞こえて
きそうな料理でしたが、和尚的には、ちょっと濃かった感じ。

専門用語もあって、ちょっと普段とは違う異次元の世界。
お坊さんが大勢集まると一般の方には、よくわからない
雰囲気を作っているんだろう・・・なんて反省しながら
帰ってきました。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください