写真はお人柄?



和尚の寺の山門は、文化財に指定されている。

薬医門というお寺には珍しい形をしていて、
彫刻の彫りが深く、流れるような曲線の意匠も
すばらしいということで指定された。

江戸時代に多くの罹災者を助けた功績が認められて
山門を赤くすることを徳川幕府から許可された。

当時は、徳川の縁戚関係だけしか門を赤くすることが
できなかったので、赤門寺とも呼ばれていたらしい。

写真は、いつも境内の写真を撮ってくださる古津さんだ。
ご年配の方だけれど、パソコンもカメラも最近始められた。

普通のデジカメで普通に撮られているが、いつもナイスショット
の写真ばかりだ。しかも、どの写真からも温かさが感じられる
から不思議だ。

「お人柄なのかなぁ」と、いつも感心して写真を楽しみにして
いる。近々に秋の境内の写真をHPにてアップしますよ

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 写真はお人柄?

  1. toreno のコメント:

    美しいです。
    美しいですけれど、和尚様のお言葉同様、
    写真から温かさが感じられます。
    もっとお写真を拝見したい気分です。
    HPアップ、楽しみにしております。

    最近風邪をひきまして、なかなか治り
    ません。
    和尚様もどうか風邪に気をつけて。

  2. 和尚 のコメント:

    torenoさま
    写真は来週にはアップします。

    もう、そちらの方は寒いのでしょうね。
    和尚もちょっと風邪気味で、ストーブを
    出してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください