東京のお盆も終わり



お檀家さんの家へお邪魔して、お経をあげて回ることを
棚経(たなぎょう)といいます。
お盆のためにつくられた精霊棚の前でお経をお唱え
するので「棚経」です。
今年は新調した電動自転車で坂道も楽々でした。

和尚の棚経デビューは、父と一緒に小学校の4年生の時。
子どものお坊さん姿は、一休さんみたいでとても可愛い
く映ります(自画自賛?)
お檀家さんも大喜びで、お菓子や果物、ジュースを沢山
出していただける。

断り方をしらないで、すべてを完食していた和尚は、
10軒ほどでお腹が痛くなってダウン・・・。
ほろ苦い棚経の思い出です。

もう一つの思いでは、お檀家さんの家に着くと大勢の
方がいたということ。
子どもにとっては、かなりの威圧感でした。

兄弟、親戚、近所の方々が、当主の接待を受けながら
お坊さんが来るのを皆さんでお待ちになっていました。

しかし最近のお盆は、小人数です。忙しいし核家族化して
おばあちゃんお一人という所も少なくありません。

高邁な理論や理屈だけではなく、親から子どもへ、
子どもから孫へと、大切な「何か」を教えることが
できるのもお盆ならではのことです。

仏事は長老の役目・・・。そんな感じもしますが、
若くても大切なことをしっかりとできる人が必要な
時代であると・・・つくづく感じるお盆でした。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください