三蔵法師は男だよ



西遊記に登場する三蔵法師のお坊さん役は、
初代夏目雅子さん、宮沢りえさん、牧瀬里穂さん、
深津絵里さんと続きます。

その前には、いかりや長介さんが演じていたことも
あったようだけれど、その後はみんな女性で、ファン投票も
あるようです。

三蔵法師は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)といって、
中国の唐時代のお坊さんです。
仏教史上「玄奘以前に玄奘なく、玄奘以後に玄奘なし」と
云われたくらいの名僧です。

何故かというと、中国から天竺(インド)に渡ってお釈迦さまの
教えを説いた教典を翻訳したからです。

簡単に中国からインドといっても当時は歩いて、草木も水もない
砂嵐が舞う灼熱のタクラマカン砂漠を歩き、雪と氷にとざされた
厳寒の天山山脈を越えなければなりません。
しかも途中で盗賊などにも会い大変な志がなくてはできないこと。

三年間かかって、インドにたどり着き、その話が「西遊記」と
いう物語になっているのです。

唐を発って約17年、仏像ほかインドの原語であった
サンスクリット(梵語)の仏経原典657部を持ち帰り、
後の人生は、これらの仏典の翻訳に生涯を賭けたのです。

今日、日本に仏教が伝来しているのも、この玄奘三蔵の功績に
よるものなのです。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください