シンプルだからおいしい



今から100年以上も前の明治三十年に京都・北野天満宮門前町に
「とようけ屋山本」という豆腐屋が開店した。
明治・大正・昭和・平成と4代に渡り、現在もおいしい京豆腐を作り
続けているお店である。

「日本文化を食べている・・・」ような感じさえしてくる京豆腐の
代表である。
朝の4時から出来たてのおいしい豆腐が食べられるとは、何とも
贅沢でうらやましい限りである。

現在の店主、山本久仁佳さんがこのほど『豆腐屋さんの豆腐料理』
出版した。題名のとおり、京の老舗の豆腐屋さんが書いた、家庭で
簡単に作れる料理の紹介だ。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください