名人にはなれない



お寺さんの行事でお手伝いに
行ってきました。

本当は法要やその準備のお手伝いですが、
手もあまっているので、どういうわけか、
「そば打ち」のご命令で、1日そばを作って
いました。

お手伝いの方々や檀家さんにお出しする
そばを作るのですが、最後の方はそば切り
包丁が上に上がらなくなってしまいました。

職人さんともなれば、1回に5キロくらいは、
打つのでしょうが、素人は2キロくらいが、
限界という感じ・・・。

しかも、おいしいそばともなれば、いろいろと
こだわりもあり、毎日のことです。

和尚は、そば職人にはなれそうにないという
ことが、つくづくわかりました。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください