ステンドグラス



ステンドグラスから差し込む光の雰囲気が好きで興味が
ありました。いずれお寺の建物にもと思っているくらいです

でも、ステンドグラスは、中世ヨーロッパの教会で、壁画に描かれた
神に光が宿るように作られた精神的な意味合いを持つものです。

でも、発見したのはお不動さまと日本を代表する花のステンドグラス。
あまり違和感もなくステキでした

神とか仏とかの境界がなく、何か一つの大きな世界観からの「光明」は
私たちに力を与えてくれますね

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください