仏さまも涙



お歳暮コンサートがあったので行ってきました

「お歳暮?」あまり聞いたことのない響きの
コンサート名ですが、実はお寺の本堂で開かれた
女性トリオによる西洋音楽のコンサートでした。

イタリアで活躍するソプラノの河野明子さんや
ヴァイオリン佐藤まどかさん、ピアノはイタリア
からメリーさんの3人でした

そしてピアノは、シャネルの主任デザイナーの
カールラガーフェルド氏がデザインしたピアノの名門
スタインウェイの特別デザインピアノでした。

日本の根来塗りにインスパイアされ独創的でもあり
落ち着いた気品が出ていて、スタインウェイが創業150年を
記念して作られた限定150台のピアノです。

とても透明感のある響きで、ベルベットのような低音のする
小さいながらチャーミングなピアノでした

一方、河野さんは福岡が地元で、とても豪快で太い声の
方ですが、いざコンサートになると、ソプラノでもあるので
豊かな音の広がりと優雅なピアニッシモまで表現する美しい
歌声を披露してくれました。

でも歌は、イエス・キリストを称える教会の音楽です。
ご住職もクリスマスコンサートならば、しっくりとくる
のでしょうが、そういうわけにもいかず「お歳暮コンサート」に
なったわけ・・・。

仏さまの前で聞くソプラノは、変といえば変です。
でも河野さんは言います。
「宗教の音楽には、よくわからないけれど優しさや、
穏やかさがある。それはお経もそうだと思います。
宗教は違っても、愛とか平和のメッセージは同じ。
それを感じながら聞いて下さい」と、静かに
歌い始めました。

それは涙が潤むほど美しい歌であり、仏さまの
喜んでいるかのようでした

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

4 Responses to 仏さまも涙

  1. カラヤン のコメント:

    想像つかない?
    なんか素敵な感じもしますが・・写真見ると確かに仏さまが・・。他の宗教では考えれませんよね。仏教の穏やかさですね。神社やお寺、クリスマス、忙しいけど大らかな宗教心で日本で良かったと思います。

  2. 和尚 のコメント:

    本当ですな
    子供が生まれるとお宮参り、初詣は神社とお寺、結婚式は教会、神社、お寺、お祭りに神社、葬儀はお寺、クリスマスに節分・・・。
    「信仰してる宗教は・・・」なんて答えられるはずがない?でもそれが日本らしい大らかな宗教心なのかも知れませんね。

  3. 本堂の椅子

    あほっしぃの実家の寺の本堂の椅子。あほっしぃのアイデアで教会式に作られた。

  4. ガゾログ のコメント:

    河野明子

    河野明子 画像・壁紙・関連サイト情報 [登録無料]一通のメールから 始まる恋愛[ラブレター] 美人だと思うスポーツ選手☆ベスト10!今日は、美人だと思うスポーツ選手☆ベスト10!1位 マリア・シャラポワ(テニス/ロシア) 2位 安藤美姫(フィギュア・スケート) 3位 ダニエラ・.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください