大兵馬俑展



上野で開催中の大兵馬俑展に行きました。

大兵馬俑展ー今、蘇る始皇帝の兵士たちー

西安にあるホンモノは、ものすごく迫力があって
立ち暗みがするほどです。はじめて訪れたときは
現在のように整備がされていないときで、怪しげな
中国人が兵士の俑をソッと売っていました。

後から考えてみれば、それは多分本物だったと思います。

西安 兵馬俑博物館

3回目に行ったときには、その兵馬俑をはじめて見つけた
村民の人が、カタログにサインをしてツーショットに応じて
いました。毎日大変なお役です。今もお元気なのでしょうか?

サイン中みたい

世界八番目の不思議とも呼ばれる兵馬俑は、彼の偶然に
よって2000年の眠りから覚めたのです。

写真の将軍俑は、始皇帝を支えた武官を想像させますが、
何故か人差し指を立てているのです。

西安というと兵馬俑で有名ですが、唐という時代の
長安という都で、弘法大師もこの地にわたり、真言宗の
教えや数々の文化を学び、それを日本に伝えたのです。

昔と全く変わらないかもしれない同じ地を歩いているだけで
何か師の近くにいるような感じがして、何回も訪ねて見たい
所です

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

5 Responses to 大兵馬俑展

  1. 大兵馬俑展-今、甦る始皇帝の兵士たち-

    地震で目が覚めました。
    すぐにNHKで震度をチェック。
    わたしの住んでる地域は震度3以下だったようです。
    ちょうど番組は『新日曜美術館』。
    と、見たことのある作品が映り、めぼけていた頭が
    一気に冴えました。
    それは最近読み始めた『項羽と劉邦』(もちろん横光 {/go

  2. バナナ牛乳 のコメント:

    ヒョー!
    行かれたのですね~!
    わたしも行ってみたかった…
    東京はいろんな展覧会があるので羨ましいっす。
    九州まで廻ってこないかなあ。

    西安にも一度は訪れてみたいです。
    和尚さんは向こうの言葉、理解りますか?

    トラバさせて戴きました

  3. 和尚 のコメント:

    残念
    場所が小さな博物館なので、兵馬俑の大きさというか世界観を表現するには、ちょっと不満かも。
    兵馬俑のクリアフィルがあって、ペーパーを入れると色が変わるものがあったのでゲットしてきました。お近くならいかれるのにね・・・。

  4. The 7th Blog のコメント:

    大兵馬俑展

    先日、「上野の森美術館」でやっている「大兵馬俑展」を見てきました。
    以前、上野の森美術館ではなかったと思いますが、
    上野にマヤ文明の展示会が来てたときに、
    見逃してしまいましたので、今回は必ず見ようと思っていました。
    それはさておき、
    大兵馬俑展ですが、結構

  5. 良い子の歴史博物館 のコメント:

    始皇帝

    始皇帝
    極めてメジャーな中国最初の皇帝。
    始皇帝の生涯については、史記などに詳しく書かれているが、
    伝説めいており、どこまで信じていいのか不明だ。
    巨大な始皇帝陵とか、兵馬俑の発掘とか、
    1万人収容可能な巨大建築である阿房宮、
    数千キロにおよぶ万里の長城、
    始皇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください