お寺の名前


京都のお寺は、紅葉でたくさんの観光客でいっぱい
だそうだ。ゆっくりと情緒にふれてと考えている人は
遠慮した方が良いかもしれない。

その京都の代表として登場するのが金閣寺や
清水寺、竜安寺だろう。こんなふうに、お寺の名前は
「寺」という字がついているかと思えば、そうでない
ことも多い。

京都のお寺

現に和尚の寺は「金剛院」といって「院」という
字がついている。これから受験のシーズンに入るが、
学業成就などのご利益があり、日本の占いの開祖で
有名な「大陰陽師」安倍晴明が生まれたお寺として
知られる安部文殊院も「院」がついたお寺である。

安部文殊院

あるいは初詣などで必ず名前のあがる千葉県の成田山は
「山」という字がついているのだ。

>成田山

もともとお寺には「山号(さんごう)」、「寺号(じごう)」、
「院号(いんごう)」という3つの名前を持っている。

神仏が降下して領する所として、信仰の対象とされたので
「山」という字がついている。「院」というのは垣根で囲まれた
場所のことで、「院」が寺の名称として使われるようになったのは
中国・唐の時代からである。

また良寛さんで有名な「五合庵」という「庵」という字の
ついた名称もある。町中を離れ野山に木や草を使って建てられた
質素な建物をさして言うときに使う言葉だ。

あるいは「坊」という字がつくものもある。弁慶さんは
京都の比叡山で修行を積み、武蔵坊と称したという。
つまりお坊さんの住む家をさして、そう呼んだのだ。
それが転じて「お坊さん」という僧侶の呼び方になったのだ。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to お寺の名前

  1. バナナ牛乳 のコメント:

    むぉぉぉぉ
    すごく興味深いお話でした。
    全国のお寺の名前の由来が知りたくなりました。
    やばい、はまりそうです。

    京都は修学旅行で一度行ったきりなので
    また改めて、お寺めぐりなどしてみたいです。
    仏像をじっくりながめたい
    金剛院にもいつか行ってみたいっす。

  2. 和尚 のコメント:

    歓迎 バナナ牛乳さま
    和尚の寺は
    蓮華山・・・蓮の花に囲まれた山
    金剛院・・・ダイヤモンドのように堅く守られた
    仏性寺・・・仏の種をみつける場所とい意味です

    和尚の本山も
    豊山・・・豊かな緑に囲まれた
    神楽院・・・神様も楽しむ場所
    長谷寺・・・長い初瀬川という渓谷にある
    という感じだす。結構おもしろいかもね(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください