あっ・・・



あるお寺におじゃましたとき、通された客間に
大きな書の額がかかっていました。

その額をよく見ると余白部分に無数の墨のシミが
散らばっているのです。不思議に思って住職さんに
訪ねると、その昔に偉いお坊さんをお招きしたときに
記念に書いてもらったといいます。

そのお坊さんは、たっぷりと墨をつけた筆を豪快に振り回す
ので、墨があちこちに飛び散ってしまったらしい。
でも、そんなことは全然気にしないお坊さんだったとか。

そういわれると点々と飛び散ったシミは紙面に動きを与え
何ともいえない雰囲気をかもし出しているように感じる。

私たちの一生の間にも、いろいろなシミがつきます。病気や
ケガ、思い出したくないような失敗や悲しく辛い出来事も
あるかもしれません。

それらを失敗として悲観するのではなくて、そんな出来事も
二度と同じような過ちをしないためにもすべて必要なこと
だったと・・・。

あるいは自分が成長するために与えられた絶好のチャンスだと
受け止め、より大きな幸せへと転じて行くのが仏さまの心にかなう
生き方だと和尚は思うのです。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください