和尚の嫌いな言葉



和尚のキライな言葉に「地球にやさしい」という
よくある上品なフレーズだ

あるいは名刺などに印刷された「再生紙を利用して
います」という言葉。
おまけに「資源保護と環境に配慮して再生紙を」
なんて附属がつくと、

・・・・最悪だ・・・・

よくよく考えると胡散臭いし、人間の傲慢さが
感じられてしまう。人間は地球の主人公ではない。

ある意味の今流の啓蒙活動でもあるのだろうが
そのフレーズが、お墓参りのお線香の巻紙にも
表示された。

おまけに再生紙に止まらず着色した紙の印刷が
これまた「大豆油インキを使用しています」と
ダブル表示だ。
大豆油インキの知識はここへ。

本当のやさしさは、自分からは主張しないと
和尚は思う。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

4 Responses to 和尚の嫌いな言葉

  1. TIEKO のコメント:

    私の会社も
    いつも和尚さんのブログファンです。朝の電車でいつもみています。私の名刺にも、結構大きく再生紙のマークが入っています。なんか、いやらしさを感じていたのは一人じゃなかったので安心しました。

  2. バナナ牛乳 のコメント:

    長くてすいません…
    そっか、このフレーズが苦手な方もいらっしゃるのですね。

    わたしは、傲慢さや厭らしさは特に感じません。
    どちらかというと、資源の再生を意識・確認するようです。

    印刷関係の仕事をしているので、日々大量の紙やインクを
    消費せざるを得ません。
    出来うる限り、紙一枚でも使えるだけ使ってから
    燃えるゴミや資源ゴミへ出すようにしています。
    大量の資源を消費するのは、やはり気分がいいものではありません。

    だから、何かの商品に『再生紙を利用しています』などの表記をみつけると
    自分が消費して資源ゴミに出したあの紙も、
    こんなふうに生まれ変わっているんだな…と改めて思うのです。

    『地球にやさしい』なんて言葉も
    『地球に棲ませてもらってるんだ。
    地球に感謝して、やさしく接しよう』
    なんていう意味に捉えていました。
    やさしさを主張、というよりも
    環境への意識と再認識・新しい知識の提示…かな?

    「大豆油インキ」、初めて知りました!
    様々なものが開発されているんですね。フーム。

    長々とごめんなさい。一意見として…。

    TIEKOさん>
    再生紙マーク入りの名刺を使用されてるんですね。
    そういう会社は少ないです。
    全然やらしくないと思いますよ

  3. 和尚 のコメント:

    ありがとうございます
    貴重な意見すいませ~ん。
    いろいろと大切にということでしょうね

  4. バナナ牛乳 のコメント:

    いえ…
    長々とすいませんでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください