お葬式今昔


お葬式がいくつも重なってしまった。

不思議なことに時間に余裕のある時には、
お葬式はないのだ。必ず忙しいときに、
しかも重なってしまう。不思議だ。

ちなみに季節の変わり目とかお風呂は
要注意!

昔は、葬儀といえば自宅から送り出し、
地域の人たちが、いろいろと協力をして
葬儀が進行していった。

お料理を作ったり、お茶を出したり、
交通整理をしたり、すべてが近所の人たちや
親族の人たちだ。

お寺に葬儀のお願いをする時も必ず喪主の
近い方がお願いに来たものだ。
しかも聞き間違えなどがあると困るので
必ず2人でお見えになった。

しかし今は電話1本で出前のようだし、
99%会館などで行われ、手伝いは葬儀屋さんが
すべてを手配してくれる。

大家族が崩れ個人主義の合理化が進み地域の共同体も
なくなってきた。
当たり前のことを教えたり注意してくれる人もいなくなった。

葬儀の移り変わりの中で、私たち日本人はどこへ
行こうとしているのか、ふと・・・心配になる
ことがある。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください