☆七夕に願いをこめて☆



☆彡☆彡☆彡☆彡★☆彡☆彡☆彡☆彡★

星に願いをといえばロマンチックだが、仲の悪かった織女と牛飼の牽牛を

天の川で隔てて別居させ、年に1度だけあうことを許した」という中国の

「悲しくも美しい話」が七夕のいわれだとか。

でも本当は、7月15日を中心とする「お盆の行事」の始まりの儀式として

起こったものでもあるらしい。

お盆というのは、秋の実りと収穫を祈って祖先の霊を祭るという日本人にとっては

大事な行事であった。このとき先祖に捧げる布を織る女性を「棚機つ女」(たなばたつめ)と

読んだことから、「たなばた」の呼び名が生まれたという。

何はともわれ、そんな七夕に願いを込めて・・・。

写真は卵と古着で作った織女と牽牛です。

☆彡☆彡☆彡☆彡★☆彡☆彡☆彡☆彡★

真言宗豊山派
金剛院のホームページ
https://www.kongohin.or.jp

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to ☆七夕に願いをこめて☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください