Baliの旅紀行


インドネシアのBaliに行ってきました。
ちょこつと旅行記書きました!

ちょうど訪ねたこの季節のバリは、ヒンズー教のお盆「ガルンガン」という
行事があります。
町には「ペンジョール」という七夕のような竹の飾りで彩られます。

門の前にはご先祖様が迷わずに帰って来られるようにと、こんな飾りも作ります。
仏壇みたいなもので形は違っていても日本と同じですし、家族揃って正装してお寺にお参りにも行きます。

大人は準備に一生懸命ですが、若者はスマホに一生懸命!!これも同じですね(笑)

ブッタとガネーシャが共存しているところも、おおらかで面白いです。

また、Baliの街角では、悪魔よけのお供物を見かけます。家や店舗やホテルまで、お祈りの作法をしてお供物やお花、お線香を供えます。
あまりにも毎日のことなので、それを職業にしている方もいるとか・・・。どこも同じですね!
ただ、悪魔払いといっても「排除」ではないそうで、良いものも悪いものも共存しているのが自然であり、例え悪いものでも、それに感謝を捧げてお供物を供えるのだとか・・・。昔から自然の中で生き抜いてきたバリ人ならではの、とてもナイスな考えですね。

離婚も少ないそうです。神さまが与えてくれた縁なので、大切にしているとか・・・喧嘩はしますが、それは人間の業なので、そんな時は改めるとか!こちらもバリ人の気質なのかもしれません。

滞在ホテルの目の前は、インド洋です。実は今回の旅行は、バリが大好きな知人から頼まれたインド洋への散骨にありました。
もともとバリ人は、亡くなると村単位で土葬をしますが、3回忌くらいになるとそれを掘り出して火葬し、その灰をすべて海へ散骨するそうです。

だからお墓はありません。陸地から何キロ先とかいう規制もなく、浜辺で遺骨の灰を撒くそうです。

文化の違いとはいえ、こなん綺麗な海なのに、ちょつとショックですが、そんな希望をもっていた知人の粉骨した遺骨を少しだけインド洋に撒いてご供養してきました。

折しも対岸のインドでは、前田行貴先生の御遺骨がインドの自然に帰りました。合わせてご供養をいて遠方からご冥福を祈りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kirigakiri/5241307.html
http://ur0.work/scFR

そんなBaliでは、春節で中国人だらけ・・・渡航時期を間違った~~!45度近いド~ピ~カンな浜辺で、こんなことをするのも中国人で、全部ではないんでしょうがマナーも悪いので、大役もあり前半はリゾート気分などなし・・・。

海から抜け出してバリの京都みたいなウブドへ移動してリゾート気分・・・。
ここ数年間、お寺の建築とか新しい試みをしてきたので、休みもなくちょっと一休みしてリセットも目的でした!

朝ヨガなんぞプールサイドでしながら、マイナスイオンをたくさん吸収します。画面的には綺麗ですが、大嫌いな虫たちが多くて落ち着かない・・・。
これも自然をまるごと受け入れているバリならではと言い聞かせながらウブドを満喫・・・。

ウブドは名前負けしている街で道路も狭い、凸凹、排気ガス一杯の悪印象・・・。市場では安いけどそれなりのお店は高いし、なんといってもお金が0が多いので混乱気味・・・。気に入った仏像の置物があったけど3000000ルピアて高いか安いかわからず、ふっかけられて半額の日本円にして15000円くらいだけど、ルピアでお札を数えるのも大変!!

さる年にちなんでMonkey Forest へ・・・。怖いけど面白い。
もともとここは街を守るお寺の敷地で、先の土葬をしたり火葬したりする場所もあり、そんな時には、サルはいなくなるそうで不思議です。

ヒンズー教の本山プサキ寺院やキンタマニ―高原まで足を伸ばして・・・。

コピ・ルアクの工場まで・・・コピ・ルアクは、ジャコウネコの糞からとれる最高のコーヒー豆で東京では高級ホテル2カ所しか飲めない珈琲で一杯7000円近くするもの。
http://ur0.work/scHQ

そんなこともあって一度飲んでみたいと思いながらも、いざ試飲すると違いのわからない和尚・・・。 独特の芳醇な香りがするけど美味しいかと言うと微妙な感じ・・・。お土産に多く購入したけど意外とかさばることにホテルに帰ってから気づくありさま・・・。

出典:catalina.sakura.ne.jp

出典:blogs.yahoo.co.jp

市内に戻り、海岸の絶壁に建てられたウルワッ寺院へ。ここからの海は絶景です。雨期なので曇りがちでしたが、夕日も海に落ちるような感動的だとか・・・。

ここには円形のバリダンス・ケチャダンスを見せる劇場があります。
音楽はすべて50人を越える半裸の男性たちのリズミカルな掛け声だけです。ヒンズー教の物語が展開されるのですが、だいたいのストリーはわかりますが、細かいことがわからないので退屈気味で退出する観光客も多いです。

1時間の講演でしたが、悪いけどを30分くらいで失礼して、インドネシア料理へ・・・。
焼きそば、チャーハン、カレーなどのワンプレートで!
こちらのスープは、適当に頼んだので名前わからないけどメチャクチャ美味しかったです♡

デザートは帽子のついたスイカ。食べやすくて、暑いところではさわやか!
ちなみにトウモロコシは、美味しくありません!!ゴムみたい!!

ホテルに帰って、この日の夕日は綺麗でした。

こちらは朝日。。。朝からプールヴィラで一泳ぎです。

海外にいても日本のテレビは、すべて民法からBSまでネットで見ることができます。
今日はNHKの「あさが来た」を3日分チェック!!

この日は、1日のんびりと・・・。太陽は危険なのでこんな格好で!!

翌朝ホテルを4時にでてジョクジャカルタへ飛行機移動。世界最大の仏教寺院遺跡である
ボロブドールへ。。。とにかく大きいし、一つ一つの組み合わせで絵や立体になっているので設計図がないと
こういう建造物は作れないのではと、コンピューターのない時代に人間の智慧はスゴイと感銘!

このあとプランバナンというヒンドゥー教の遺跡としてはインドネシア最大級のジャワの建築の最高傑作の一つとされる寺院を見学。先のスマトラ地震で多くが崩れ落ち修復も大変だとか・・・。
ここの神さまも立派でした。

コーヒーの産地とはいえ、あまり美味しくないので、無性にスタバが飲みたくなり、こちらでは名前入り・・・あまりの暑さにボーとしていると名前を連呼されていたらしい・・・。

Baliのホテルは、ヴィラよりビルディンタイプが好きかな・・・。

ここは街の喧騒から離れているしセキュリティもホテルに入る度にチェックが入ります。

結婚式場も海の中でしているみたいで素敵そうです~~!!

ホテルの各所には、日替わりで水にライムやイチゴなどのフルーツをいれて、ほのかな
果物香りがするサーバーが置いてあります。

暑い国ならではの美味しさがあります。
今度、日本の夏にチャレンジしてみましょう!
この他、いろいろありましたが、ご報告でした。
長文で最後までお読み頂いてありがとうございます。

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください