お寺の屋根のような新国立競技場


今年の暮れまで、すったもんだがありましたが新国立
競技場のデザインが、ようやく決まりましたね。

新しく決定されたデザイン、ぐるりと巡らされた庇(ひさし)の
部分が特徴的です。
和風建築からアイディアを得ているそうで、確かに下から
見上げたイメージ画像は「お寺の屋根みたいだな」と感じました。

あのひさしの下につけられた材木、寺社建築では「垂木」と
いいます。屋根を支えるための大切なパーツで、しかも
目につきやすいところにありますからデザインにも力の入る部分。

一番スタンダードなのは、軒先にむかって垂直に走っている
平行垂木という形で、屋根と屋根があわさる寄棟の部分には、
重さを支えるために扇のように開いた扇垂木という形も
よくみられます。

より豪華にみえるように二重垂木、三重垂木にしてある寺院も
けっこうありますね。

彩色もいろいろで、全体を朱色に塗って先端の断面だけ
別の色にしたり、覆い金で装飾したり、極彩色に塗り分けたり
して千差万別・・・。

お寺や神社を訪ねたとき、垂木だけ見ていてもけっこう
楽しめると思いますよ。

競技場の垂木デザインは、イメージ図をみる限りでは
白木のままのようですが、建築の基準で木材にはできない
と思いますが・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください