3Dプリンターで仏像制作?



この写真なんだと思いますか?
これは、3Dプリンターというものです。

いまビジネス界では、新たな産業革命を起こすのでは
ないかと注目されているツールです。

皆さんのご家庭でもプリンターをお持ちの場合が多いと
思います。最近は写真屋さんと変わらないほど、キレイな
写真をプリントできるほどに高性能になってきました。

しかし、これはあくまで紙にプリントするもの(2Dプリント)。

3Dプリンターはその名のとおり、立体でプリント(?)する
画期的なものなのです。

たとえば、3Dプリンターを利用したとある写真スタジオでは
四方から写真を撮影して、3Dプリンターで出力。
すると、その写真の通りのフィギュアが完成します。

また今まで、何か試作品を作る場合には、詳細な図面が必要とし、
業者に制作を依頼すると小ロットでも高額の費用を必要としていました。

しかし、3Dプリンターを使えば、工場を持っていなくても業者に
依頼しなくても簡単に試作品を作ることができます。

実物があれば、商談もスムーズに進みますし、契約できれば、
業者に試作品を渡せば、大量生産可能です。

いまでは家庭用の3Dプリンターが十数万円で販売されています。
日本では、まだまだ普及していな3Dプリンターですが、アメリカでは
一般的になりつつあります。

日本でもベンチャー企業や、フィギュア製作などに利用する一部の
マニアの間で評判となっているとか・・・。

そんななか、3Dプリンターを使って仏像を作る人まで!

石仏や仏像などを四方から写真をとり、そのデータを3Dプリンターを
使えば、本物に近いミニチュア版「マイ仏像」出来上がります。

賛否は、ともかくとして、これって著作権とかは問題ないのでしょうか?

個人で鑑賞する分には問題ないでしょうが、販売などしたら問題で
しょうね。

また樹脂性の仏像というのも・・・。

「仏像作って魂入れず」とは言いますが、3Dプリンターで果たして、
信仰できる仏像になるでしょうか・・・?

何はともあれ、これからの3Dプリンターの普及に注目です!!

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください