もうひとつの「しゅうかつ」


本葬、密葬、直葬、家族葬など葬儀の名前が
いろいろ付いているけど、感動葬儀「絆葬」と
いう葬儀も出てきました・・・?

だれでも良い葬儀をしたいと思っていますが
葬儀屋さんの対応によっては、さまざまな問題が
起きてくるのも事実です。

2012年ユーキャン新語・流行語大賞のベストテンに
選ばれた「しゅうかつ」があります。

「人生の終わりのための活動」で通称「終活(しゅうかつ)」
です。最近は、テレビや雑誌、マスコミで取り上げられて
いて、中高年を中心に「終活」をされる方が増えています。

人生の終わりは誰にでも訪れるもの。残される人への
財産の相続などの計画を立てるとともに、何より大事なのが
葬儀やお墓をどうするか・・・ということです。

準備をしていなかったために亡くなられた当初は、
悲しみの中であとから「ああすればよかったのに」
「いいお別れができなかった」といった後悔をされる
方もいらっしゃいます。

葬儀は終わったもののお墓の準備で、さらに頭が
回らず・・・。

生前から納得のいくお葬式、お墓の準備は残される方へ
の負担を減らすことにもつながります。

最近は核家族化が進み、お墓の形も多様化してきました。

お墓は一族で継承していくものですが、現在は、改葬や夫婦
だけでお墓、子どもに迷惑をかけたくないとか、理由はさまざま
ですが、個別観が出てきました。

金剛院では、そのような方々のために「永代供養墓」や期限を
定めた「定期墓地」など、さまざまな形のお墓を提供しています。

また、最近では生前からのご相談が増えてまいりました。

これから年末年始でご家族が揃う機会も多いと思います。
皆さんも一度「終活」をされてみてはいかがでしょうか。

「金剛院永代供養墓」
[tubepress video=”4_49YPRmfjw”]

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください