病院で思うこと


病院の傾聴活動に行ってきました。

お坊さんの格好で病棟を回ります。もちろん病院の先生や
看護士さん患者さんや家族の方々などに、ご理解がないと
できない活動です。

普通の病院では、霊安室へ案内されることはありますが、
間違ってもお坊さんの格好していけば、病棟に入れてくれ
ませんね。

病院には、さまざまな環境の患者さんがいます。

本人のためにならないとわかりながらも、胃ろうや点滴などの
人工水分や栄養剤が取り入れられています。

高齢者ケアのガイドラインはあっても本人の意思が不明で
あったり、ANNの中止には、現場ではためらいがあるみたいです。

最近、そんな患者さんに触れていて思うことがあります。

話もできないし、手足も自由に動かせないけど、目だけは
しっかりと和尚を見つめています。

赤ちゃんと同じように、話もできない動かないけど、お母さんの
ことはしっかりとわかっているのと同じように、寝たきりの患者さんも
実は、すべて何をされているのか「わかっている」ような気がします。

侮ることなかれ!!

最近、すごくそのことを感じます!!

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください