あっ・・・!


あるお寺におじゃましたとき、通された客間に
大きな書の額がかかっていました。

その額をよく見ると余白部分に無数の墨のシミが
散らばっていて、ちょっと汚い感じ・・・。

不思議に思って住職さんに訪ねると、その昔に偉い
お坊さんがこられたときに記念に書いてもらったといいます。

そのお坊さんは、たっぷりと墨をつけた筆を豪快に振り回す
ので、墨があちこちに飛び散ってしまったらしいのです。

でも、そんなことは全然気にしないお坊さんだったとか・・・。

そういわれると点々と飛び散ったシミは、紙面に動きを与え
何ともいえない雰囲気をかもし出しているように感じます。

私たちの一生の間にも、いろいろなシミがつきます。病気や
ケガ、思い出したくないような失敗や悲しく辛い出来事も
あるかもしれません。

それらを失敗や後悔として悲観するのではなくて、そんな
出来事も二度と同じような過ちをしないために、自分の時間の
なかに、すべて必要なことだったと・・・。

そう思える生き方が、仏の心にかなう生き方だとおもってます。

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください