冬の京都(弘法大師のお寺・東寺)


冬の京都(弘法大師のお寺・東寺)『空海の風景』を書いた司馬遼太郎さんは、京都で
待ち合わせをするときには、「東寺の御影堂の前で
待ちましょう」ということにしているといいます。

京都御所よりも古い建築様式で平安京最古の遺構で
あるところから出発するのが、何となく京都の礼儀
であるからだといいます。

東寺の御影堂とは、弘法大師空海が住房としていた
ところで、現在は弘法大師空海の信仰の中心地でも
あるのです。

毎朝の生身供(しょうじんく)という、生きている
弘法大師に給仕する如きに、食事を供える行事が
行われていました。

さすがに寒い朝の6時からはじまり、弘法大師空海が
唐より持ち帰った仏舎利を頭と手に授けて頂けます。

和尚は、毎年お正月には、お餅をお供えさせて頂いて
います。

冬の京都(弘法大師のお寺・東寺)

たくさんあるなかで不思議と一発で発見!!

この時期に京都に来ることはないので、これも御修法さん
のおかげかもしれません。

と・・・ありがたがっていたら、こんな看板を発見!!

冬の京都(弘法大師のお寺・東寺)

これも般若湯の方には、余計にありがたいかもね・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください