みんな大きくなあれ~~



ゆふぐれの泰山木の白花はわれのなげきをおほふがごとし
明治時代の詩人である斎藤茂吉の歌です。

境内に咲いているタイサンボクは、この時期に
雄大な大きな花を咲かせます。

花の形を大きな盃(さかずき)に似ているところ
から「大盃木」、それから「泰山木」「大山木」と
なったそうで・・・。

葉の表面は、白色のビロードのような光沢があり、裏面は
うぶ毛が密生して錆び色に見え、高さ、葉の大きさなど
すべてのパーツが大きい木です。

大きく、根が大地にしっかりと根付いているので、先代の
住職が地域の子どもたちの成長を願って植樹したものです。

今日は、「しいなまち みとら」で、みとらキッズがあります。

明日は、お寺で平成の寺小屋「無量大成塾」、3世代交流を
目的とした赤ちゃんからおばあちゃんまで縁側でゆったりお話が
できる「えんがわカフェタイム」があります。

このタイサンボクの木のようにデカク羽ばたいてくださいね!!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください