写真撮れます



上野の東京国立博物館で「仏像の道~インドから日本へ」に
展示されていた仏像・・・。

仏像は、インドやパキスタンで造られたのが始まりで、
仏教の広まりとともに中国や朝鮮半島を経て日本各地で
特色ある仏像が造られるようになりました。

どれも表情が豊かで素晴らしい・・・。

偶像崇拝とかいって破壊してしまう宗教もありますが、
仏像が、人々に与える心理的な影響は大きかったのでしょう。

博物館では珍しい写真撮影が許されています。

海外の博物館では、ストロボを使わなければ多くの展示作品の
写真撮影が許されていることが多いです。

日本でも早く、こうなれば良いですね~~。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください