変わりゆく「祀り」のかたち



これ、何に見えますか?

何かの棚? それともテレビやビデオを置くための台・・・?
実は、これ「仏壇」なんですよ。


中を開けるとこうなっていて、ご本尊や位牌を納められるように
なっています。でも、外見だけでは仏壇と分かりませんね・・・。

東京などの都会では、ワンルームのマンションやアパートに住む
方々が増えて、ご先祖さまをきちんとお祀りしようと思っても、
大きな仏壇を置く場所がありません。

もちろん小型の仏壇もありますが、洋式のフローリングの部屋に置く
のには、ちょっとねぇ~~という声が多いのも現実です。

そうした若い方々の人たちから寄せられた、「暮らし方にぴったり
合う仏壇がほしい」という声に応えて、こうしたデザインのものが
開発されたそうです。

いわゆる家具調という形で、寄せ木細工を取り入れているのも、
目新しい感じです。これなら違和感がないかもしれません。

この他にも、造り付けのユニット家具に収められるものや、壁掛けに
できるものなど、今までのイメージをくつがえすデザインの仏壇が
誕生しています。

こういう動きは神道でもあって、ワンルーム向けの神棚も売られて
いるそうです。

狭くても洋風であっても、そこに「仏壇」があって、本尊さまが鎮座して
若い人たちが、きちんと手を合わせる・・・「ご先祖さまを祀る大切さ」が
再認識されている証でもあるのかもしれませんね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください