仏像フィギュア



こちらは、5年程前に「フィギュアブーム」が「リアル仏像」として
呼ばれた最初の作品だったかもしれません。

しかも有名なお菓子の付録でした。シークレットの千手観音が
なくて思わず大人買い・・・。

そして、フィギュアの老舗である海洋堂さんから、あの阿修羅像の
レプリカが誕生してから、仏像のフィギアとしての位置を明確に
しました。

若い人には、仏像マニアもたくさんいて、彼等は、仏像の均整が
取れた姿に魅力を感じたり、その表情に癒しを求めたり、宇宙観を
感じたり、理由はさまざまみたいですが、人の心にプラスの影響を
与える仏像は大したものですね・・・。

阿修羅像のレプリカを作った作者さんのコメントでは、
「ほんの一彫り違うだけで、表情が全く変わってしまうので
苦労しました」とか・・・。

何ヶ月もかけてようやく作ったそうですが、ほんの微妙な差で
表情が違ってしまうということは、オリジナルがそれだけ精巧緻密で
完成度がケタ外れってこと?

なんだか日本人の遺伝子を感じさせられる話ですね。
スキル・・・というより「魂」と呼びたいところ・・・。

こういう「魂」が脈々と受け継がれて、精巧なものを作らせたら
右に出る者がいない技術が培われて、それが日本の経済を支えている・・・?

1000年後くらいに考古学者が発掘した時、そういうフィギュアが
掘り出されて、博物館に飾られたりするのかなあ・・・。
そう思うと何か変な感じもしますね!!

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

3 Responses to 仏像フィギュア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください