椎名町駅舎工事



いよいよ西武鉄道が、金剛院前の古い椎名町駅舎の
改築工事を始めました。

レールの間に木材を敷き詰め、トラックや重機、建機が
出入りできる体勢が整えられ、2年後には完成予定です。
レトロな駅舎も見納めです。

この工事は、外環から東名に繋がる首都高速道路・中央環状線
工事絡みで、山手通りの拡幅と駅周辺整備事業と一体化して
東京都や豊島区で行われるものです。

いままで公共事業というものは無縁でしたが、お寺の周りで
このような工事が始まると、お寺としても不都合なことや
言語道断のことが、たくさん、たくさん、たくさん、たくさん
もう30くらい・・・たくさんあり、多くの交渉時間をとられました。

大きな道路を作ったのは良いけれど、地域の発展や環境という
そのランドスケープができていないために、そのしわ寄せが
全部地域の狭小地にきてしまいます。

これらの工事によって、車の方は迷子になる方が多くいて
地理に詳しい方も、狭小地を走らなければならなくなりました。

長年あった交番も廃止とか言っていますが、警察の方が大好きな
「安全」というキーワードからは、遠のいてしまう感じです。

行政の都合ではない地域にあった環境調整をしてくれるよう強く
望みたいのですが・・・

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

6 Responses to 椎名町駅舎工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください