檀家さん情報です



山梨県にある山梨県立博物館で、「世界遺産アンコールワット展」が
開催されていると、教えて頂きました(3月22日まで)

アンコールワットとは、カンボジアにある東南アジア最大規模の
文化遺跡です。密林に埋もれ、またある時は内戦によって隔絶され
ながらも、「世紀の大発見」として仏像の数々が微笑みます。

アンコールワットで思い出すのが、一ノ瀬泰造さんです。
一ノ瀬さんは、カンボジア内戦を取材した報道カメラマンでした。

「地雷を踏んだらサヨウナラ」との言葉を残し、アンコールワットに
潜入して消息を絶ち、のちに死亡が確認されました。

カンボジアでは、内戦は終結しても、そのときに埋められた地雷に
よる被害が今も後を絶たないといいます。

和尚が訪れた時も歩く場所が限定されていて、ちょっとでもルートを
はずれると「おまえは死にたいのか!」と大きな声で注意をされました。

美術館の展示は大きくないそうですが、本邦初公開の彫刻をはじめ
67点の至宝が展示されているそうです。

どんな状況でも優しい微笑みを絶やさないアンコール遺跡の仏には
感動したとか・・・

美術館の回りには、綺麗な花がたくさんあって、帰りには富士山が
見える「温泉ゆらり」でリラックスしてきたそうです

お天気が心配ですが、お出かけしてみたらいかがですか

あっ・・・お墓参りは済ませてから行ってくださいね

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください