写仏の風景



写仏は、仏さまを写すことをいいます。仏さまの下絵に
和紙をのせて、その線をなぞっていくのです。

ただ下絵の線の通りになぞるだけなのですが、同じ
仏さまを書いていても、人それぞれに違った仏さまが
完成するので不思議です。

100人いれば100通りの仏さまができるのです。

あるいは自分一人でも、違う日に書くと違った仏さまが
現れます・・・。

つまり、写仏は「自分の心」を写すことなのかもしれません。

優しいときには「やさしい仏さま」、心が落ちつかない時には
「あばれた仏さま」が・・・。

先日の写仏の会が終わってから一人の方が、書き終えた観音さまを
お持ちになられて・・・。

「この仏さまには、私の悪い所がすべて現れています。これを
持ち帰っても、見ていると辛いので、お寺で納めてください」

拝見したらチャーミングな素敵な仏さまなのに・・・。

ひょっとしたら、それは自分が勝手に思い込んでいる
「幻想」なのかもしれませんよ!!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 写仏の風景

  1. フードアナリスト食人 のコメント:

    写仏
    不思議ですね。全てが違うものが出来るとは・・・諸行無常なんですね。合掌。

  2. 和尚 のコメント:

    フードアナリスト食人さま
    そうなんですよ!!
    二度と同じ仏さまはかけません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください