柿食えば



秋の気配を感じながら、ふと見上げると柿の実が
色づいていました。むこうには真っ青な空・・・。
やはり秋は、天高いですね。

柿農家でもなければ手入れもされず、放っておかれる
柿の木がほとんどです。でも、秋の風情が漂って、
ノンビリなごやかな気分です。

お坊さんが身につける袈裟は、梵語で「混濁色」を意味する
カシャーヤ(Kasaya)を音訳したものです。

糞掃衣(ふんぞうえ)とも言われ、ちょうど柿渋色のような色を
しています。しかも1枚の布ではなく、使い道が無くなり捨てられた
ぼろ布、汚物を拭う(糞掃)くらいしか用の無くなった端布を
綴り合せて作ったパッチワークなのです。

ですから、タイなどでは柿色の衣を着たお坊さんを見たことが
あるでしょう?

お釈迦さまの時代、帰依していたマガダ国の王様が、道で
出会った僧を礼拝したところ、それが異教僧だったことから、
「区別のつく衣を着ていたら・・・」と思って、仏教の袈裟が
考えられたとか。

また、袈裟は先ほどのようにパッチワークのため、田んぼの
ような形になっています。

「福田衣」(ふくでんね)ともいわれ、実りを象徴しており、
仏の種をまけば実りをもたらすということも表しているんですよ

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 柿食えば

  1. Unknown のコメント:

    Unknown
    袈裟ってそういう由来だったんですね。。
    あたしはてっきりお釈迦さんが
    所謂みんなの死に場所とかで1人で修業してたら
    周りに死んだ人の服が散乱してあるわけだから
    寒くなった時や、代えの服が必要な時に
    それらをパッチワークしたものだと勝手に思ってました。

  2. 和尚 のコメント:

    Unknownさま
    こんな汚れた布でよければどうぞ・・・。
    と施しを頂いてきた「布施」で、袈裟はできています。そんな「美しい布施の心」から、実りが得られるようにと、田んぼのようなあぜ道もついています。
    だから、衣や袈裟の基本は、茶黄色ぽい色が本当の
    色なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください