「数珠玉」を発見しました



誰もがよく知っている念珠・・・。
「珠数」とも言われ読んでその通り、数を数える
「珠」でもありました。

仏さまの真言を念じ、それを2000回以上の数を記録できる
すぐれものでもあります。

おめでたいお祝い事に使うときは「寿数」とも言われました。
何か「ありがたい」感じです。

「数珠玉」という植物はご存じですか?
夏に花が咲き、秋になると、その実が黒くなってくるイネ科の
植物です。

実が、とても数珠を作る玉に似ていることから、「数珠玉」と呼ばれて
おり、俳句の世界では秋の季語となっています。

 数珠玉も固きひかりとなりにけり 千代田葛彦

昔は、水辺や道端、空き地などでよく見かけました。
子供たちは、実に糸を通しておもちゃの数珠や首飾りなどを作って
遊んだものです。また、実をお手玉の中身にもしました。

最近の子供たちは、そんな植物の存在も知らないのでしょうね。
ちょっと寂しい気もします・・・。

ちなみに、数珠玉の花言葉は、「祈り」だそうです。
納得ですね

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください