坊主力



人生には上り坂、下り坂、そしてもう一つの
「まさか」という坂があるといいます。

和尚の大先輩が突然亡くなってしまいました。まだ若く、
その訃報に誰しもが耳を疑ったと思います。

戦没者の慰霊のためにチューク島という海外で、この訃報に
接してから58日目。昨日が本葬儀でした。

初めてお目にかかったのが、人間国宝の青木大僧正の
お伴をされている時でしたね。

気がつくと「いつもタバコを吸っているなぁ~~」という
のが、第一印象・・・。

鍼灸師の心得もあって、インドへご一緒したときも
インド人に鍼灸をして、超~~人気者・・・。

お願い事をしても決して断らないし、笑顔がチャーミングな
方でしたね。

独特のアンテナがあって、人とは違う見方のできる方でも
ありました。こだわりのない方のように見えましたが、心の中は、
誰よりも繊細で、極めてマジメすぎる方でした。

そんな師が、「坊主力」という言葉をよく口にされていました。
「ボウズリキ」・・・つまり坊さんの魅力という意味だったように
思います。

お経よりも、言葉よりも、袈裟をつけたその「姿」に、何かを感じ
させるお坊さんになりなさい・・・。そんな師の言葉であったように
思います。

人形師・宇賀神利美さんが作られた師の人形が、お堂の片隅に
飾られていました。

その笑顔の中で、何を感じ、何を思っておられたのでしょうね?

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to 坊主力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください