戦没者供養その4 「訃報」


水中での供養からもどり、ホテルの中を散策・・・。

チュークでもっとも素晴らしいコテージ風のリゾートホテルですが、

現在もホテルのビーチには、防空壕、機銃を撃つ穴や旧軍施設の
跡が残されています。

写真の白い砂に機関銃やスクリュー、その当時の様子を伝えたものなのかも
しれませんが、ここで厚生労働省や遺族会の方がセレモニィーを行う
場所だとか・・・。

立派な碑が建立されているのかと思いきや、なんとも拍子抜けです。

ロビーには多くの沈船(旧日本海軍関係の船)のパネルが展示されて
います。映画タイタニックの海底シーンも、ここチューク島の沈船を
使って撮影されたと、ホテルの人が教えてくれました。

前の日のブログでチップを払って遺骨を見せたり、映画のワンシーンに
されることは日本人としては複雑な心境です。

ブルーな気分でいると、5階建てのビルほどの高さがあるヤシの木の
手入れをしている植木屋さん・・・?

とてもなれた様子で木にスイスイ登ってしまいます。
特別に取り立てのヤシのジュースをくれました。

あまり飲み慣れていない味なので、取り立てが美味しいかどうかは
全く不明です。

食欲もなかったので、サラダをと思いましたが、このチューク島では、
生野菜を食べる習慣がないとか・・・。

しかたがないのでお昼は、トロピカルフルーツの盛り合わせを注文。

スイカの種が以上にデカイ!!マンゴーがたくさんあるんですが、
食卓には並ばないんですよね・・・不思議!!

何とかという名前?のリンゴは、最高にマズイ・・・。
バナナはさすがに絶品でした。

そして、この日大先輩が急に亡くなる訃報を受けました。
和尚に僧侶として大切なこと、センスのあることを教えてくれた先輩でした。
私の父が仲人をした関係もあって、逆に和尚の面倒をみてくれました。

チューク島は極めて通信状態が悪く、メール、携帯は圏外、カード式の
電話がタイミング良ければつながる状態・・・。

しかも昔の国際電話みたいにタイムラグのある会話なので、なかなか
会話ができません。

海外での訃報は、すぐに帰ることもできず、とてもツライ・・・です。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 戦没者供養その4 「訃報」

  1. Unknown
    はじめまして。
    検索エンジンで調べてたら、
    こちらにたどり着きました。

    面白いブログですね!
    とても参考になりました!

    では、また来ます。

  2. 和尚 のコメント:

    Unknown
    ありがとうございます。
    これからもご覧下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください