塩のように



お土産で塩のセットを頂きました。

塩は、人間の食生活にかかせません。
しかも、この「塩加減」によっては、相手の食材の
味を生かすことも、ダメにすることもできます。

ちょっと塩辛いな~と思っても、極寒の地域の
方にとっては必要な塩分であったり、おしるこにも
ひとつまみの塩を入れることによって、その甘さが
引き立ちます。

人間には必要で、自分の存在を極めて主張しながら、
平気で他の味を生かすことができる「塩」の存在は、
とても魅力的です。

そう・・・それは「菩薩」の姿に似ているかもしれません。

世の中、わけのわからない自己主張が幅をきかし、
他の人ために、隠し味となるような控えめな方もいなく
なりました。

お土産の塩をみて、「無我」のような塩の境地になれればと
思いながら、「焼き肉の塩」をイメージする和尚でした。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください