マニキュアフィンガー



アメリカの友人ジミー君が、日本に遊びに来ていて
山梨にブドウ狩りに行ったお土産を届けてくれました。

全然知りませんでしたが、マニキュアフィンガーという
名前のブドウ・・・。

なんと素敵な名前でしょう。
そしてなんと変わった形をしているのでしょう。

粒は長楕円形で先端が紫紅色になり、ちょうど女性の
指にマニキュアをした感じからこの名がついたのでしょう。

しかも皮をむかずに(種はありますが)そのまま食べる
ブドウのようです。

皮と実の間に栄養分が入っていて、フルーツを皮ごと
食べる方も多いようですが、和尚的には抵抗があります。

でもジミー君は、全然気にしない・・・ブドウ、ミカン、
モモ、リンゴなんていうのは当たり前。
スイカの種も捨てないで食べてしまいます。

驚いたのは、枝豆も皮も食べちゃいます
(薄皮じゃなくて本体のゴワゴワした外皮のこと)

今年、韓国でお世話になったパクさんも日本に来て、彼と
お寿司屋さんに行ったら、小皿にドボドボと醤油とわさびを
入れて、かき混ぜます。

日本では醤油&わさびは脇役だと思うのですが、彼は全部
かき混ぜて全体を楽しむDIP感覚です。親子丼もかき混ぜ
ちゃいます。

いろいろな文化や価値観、さまざまな社会の中で生きている
私たちにとって、その国、この場所、あの人・・・と、それぞれの
違いにあわせ調和していくことも必要なことです。

でも、そんな中で「自分流」を見つけることも大切なことなのかも
しれませんね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください