ストレスといえば・・・



精神科医の自殺率は、一般人の数倍――死のうとする人を
助けるのが仕事であるはずの精神科医が、彼らの何倍も
自殺しているという事実を信じられますか?

という書き出しで始まるこの本は、どこまで本当わから
ないけれど、現役の精神科医が、日本の精神医療界の現状を
分析します。

そう言えば、カウンセリングを一緒に勉強していた時の
方が、精神科医になって、病院にお邪魔したことがあり
ました。

いや~ビックリ!!。

待合室は患者さんで一杯。学生風、会社員風、主婦風、
老若男女問わずと、こんな状態が毎日で、確かに多忙で
疲れているとか・・・。

しかも、現実の精神科の医療行政や治療方法、その技術も
日本では、まだまだ未熟だとか・・・。

和尚のお寺にも悩み相談の方がきます。話を聞いて
核心に触れるまでは、すごく時間がかかります。

良い医者、良い和尚、良い友、良い家族、良い弁護士、
良い先生・・・慌てないためにも、日頃から良いご縁を
結んでおくことは、大切なことかもしれませんね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

8 Responses to ストレスといえば・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください