呼吸を調和させる



檀家さんである92歳になるおじいちゃんが、お参りに
こられました。しかもお一人ですこぶる元気です。

「長生きの秘訣はなんですか?」と尋ねたら「そりゃ和尚さん
息を止めないことだよ」と、言われ思わず納得・・・!!

私たちは緊張したり動揺したりすると呼吸が乱れてきます。
そんな時、どうするかというと大きく息を吸い込んで深呼吸を
すると不思議と落ち着いてきますね。

さらに余計なことを考えずに、ゆっくりと呼吸を数回して
いくと、気持ちがだんだんと整ってくるという経験を
お持ちの方は多いでしょう。

つまり、呼吸を整えることで精神も整ってくるからです。

密教には阿字観という座禅法がありますが、その基本は
「調息」にあります。

息を調和させることですが、たとえば3秒吸って、2秒とめて
15秒くらかけて息を細く吐き出していきます。

そうすると1分間に3回くらいの呼吸になりますが、これは
瞑想に入る最低限の条件と考えます。

瞑想とか難しいことは別にして、電車の中でも会社でも
リラックスした格好で3.2.15の呼吸法を試してみてください。

慣れない呼吸なので最初は、違和感がありますが、これで呼吸が
整うと世界が変わります。そして劇的にカラダの力が高まります。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to 呼吸を調和させる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください