バラの花のプレゼント



たとえば自分が相手の方に心をこめてお花を
差し上げたとします。

すると、その方は目の前で花を放り投げてしまい
ました。

そんな時、あなたはどう思いますか?
どんな感情ですか?

なんて常識がないのか!

気分が悪い?

怒る?

その人に自分があげたくて差し上げたのだから、
それで良いじゃないですか?

もらった人は自分の物になるわけですから、大切に
してドライフラワーにしようが、捨てようが自由
ですよね。

私たちは、あげたのだから喜んで欲しいとか、
花瓶にさして大事にしてほしいとか、目の前で
失礼な行為をしてはいけないとか・・・思います。

それは、心の奥に見返りを期待していたり、
世の中の常識に縛られていたりする自分が
いるのです。

もちろん、これは大袈裟な質問で、失礼のない
ような行動をとることは大切なことです。

でも日常の行動の中で「自分を知る」手がかりが
たくさんあります。

それに気づいたからといって、何かが変わる訳では
ありませんが、「仏の心」に少しずつ近づくことが
できているのだと思います。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to バラの花のプレゼント

  1. 玉虫 のコメント:

    確かに…
    プレゼントをさせて頂いた・差し上げる対象がいてくださる…それだけでありがたい。満たされること…。そのとおり!でも、『嬉しい♪』を共有出来ない方には、やはり二度とプレゼントはしたくねぇ…。したくないではなく、したくねぇ!…になりまする。

  2. 和尚 のコメント:

    玉虫さま
    「I’m 0k!」「 Your ok!」の世界でありたいです。「喜び」を共有できることは、どんな
    世界でもすばらしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください