仏さまのお姿



この2体の尊像は、おしゃかさまが
生まれた時のお姿を表している誕生仏です。

誕生仏の説明には、右手を高く挙げて天をさし、
左手は地をさして直立する生まれた時の子どもの
姿とあります。

だから、お腹がポッコリして幼児系の形をしています。
メタボではありません。

でも、この2体の違いが分かりますか・・・?

大きさが違う!
左の尊像が傾いている!
左手を挙げている!

そうです・・・。右の尊像をみると、天をさして
いるのは左手です。左の尊像は、逆に右手を挙げて
いますね。

これは、右の尊像が中国、左の尊像は日本の
ものだからです。

何で日本の尊像は右手を挙げているのか?

これは、左右(さゆう)と右左(みぎひだり)という
言葉の違いです。

前者は、漢語で中国表記で、後者は和語で日本の
違いがあるので、おしゃかさまも反対になって
しまったようです。

この尊像は、和尚の寺にあるもので中国の清時代、
日本の江戸時代のものであるといわれています。

 灌仏や 吾等が顔の 愚かなる

おしゃかさまのお顔に比べて、なんとも、あいかわらず
愚かな顔をしていることか・・・とは、歌人・会津八一
自戒の歌。

仏ささまといると、いろいろなことに気づかされます。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to 仏さまのお姿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください