一陽来復



昨日は大雪での節分でした。

天気が安定していたのに3日だけが、みぞれまじりの
大雪という珍しい節分

実行委員長が、前日の準備の帰りに境内の入り口に
あるお不動さまに願掛け

「どうか明日は、雨ではなく雪でありますように・・・。
そしたら本当の大雪になっちゃと・・・」と、ご挨拶。

普通であれば「お天気に!」とお願いするところを
何とも控えめなお願いで、そんなお心感じとられたのか
1日中雪でした

考えて見れば、大雪の節分なんて東京では当たり年かも
しれませんね。

事故もなく無事に終わり、舞台で楽しそうに皆さんが
「笑顔」で豆をまけれ、寒い中をお待ちになって、
その「福」を頂いているお姿を見ていると、開催して
良かったなと、つくづく思います。

準備にあたっての皆様方お一人お一人の思いを感ずると
涙さえ浮かびます。本当にありがとうございました。

冬が去り、春がくる事を「一陽来復」といいます。
悪気を捨てて、福寿を頂いた新しい1日が始まりますね

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

6 Responses to 一陽来復

  1. チーム長崎 のコメント:

    「福」を頂きました!
    大雪と言う悪天候の中、実行委員の皆様、お疲れ様でした。
    家族全員で楽しい一時と「福」を頂きました。
    来年も楽しみにしております。

  2. ウノ のコメント:

    お疲れでしたね
    あ~ら、なんとも立派な節分ですこと。
    いつも早朝電車の中から入り口をのぞいて
    おります。
    前の入り口が開けてよかったですね
    今度、途中下車してお参りしてみようかしら・・・。

  3. 和尚 のコメント:

    チーム長崎
    いや~~お寒い中、大変でしたね。
    「豆まき」ではなくて、「豆わたし」の
    ところもあったみたいですね。

    反省点も多々あるので、いろいろ考えて
    また皆さまのご協力で「がんばれる」と思います。

  4. 和尚 のコメント:

    ウノさま
    1両目に乗車されているのかしら?

    長年道路に建物が建っていて、それが
    なくなったので間口が大きく広がりました。

    行政が本気を出せば、何でもできる象徴の
    ようです。

  5. みみ のコメント:

    来年こそ、
    大雪の中、第1回豆まき式が無事に行われたとの事でおめでとうございます。また一つ金剛院様の新しい歴史が始まりますね。
    今年は無理でしたが、次回はお福を頂きに伺いたいと思います。その時はよろしくお願いします。
    今月15日~17日東京に行きますが雪でないことを祈ります。その時金剛院様にお参りさせて頂きたいと思います。和尚さまに遇えたらラッキーですね。楽しみにしています。

  6. 和尚 のコメント:

    みみさま
    7日の今日も雪がパラパラと降って
    寒い1日でした。
    ぜひぜひピンポン~してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください