お坊さんも大学で仏教を学ぶ



インドの東部にあるナーランダ大学は、紀元前5世紀に
建てられた世界最古の大学だ。
香取慎吾さんが演じている西遊記で有名な三蔵法師も
ここで勉強をされたという。

当時は、9階建ての校舎や図書館には500万冊に及ぶ
蔵書があり、1万人の学生が、そこに居住をして仏教を
勉強をしたところだ。

12世紀には、イスラム教のインド征服により、この仏教
大学は完全に破壊され、インドでの仏教の衰退が始まった。

しかし最近になって、このナーランダー仏教大学を修復再興
して世界遺産に登録させようという計画があるという。

安倍晋三首相が今月下旬にインドを訪問するときも、こんな
話題が議題にのぼるらしい。

日本でも、弘法大師が平安時代に開いた庶民のための学校
「綜芸種智院」(しゅげいしゅちいん)」を開校している。

その精神を起源とする種智院大(京都)では、来年度から
仏教学部を人文学部に改めるという。

和尚が卒業した大正大学(東京)も仏教学部から人間学部へ
と「仏教」の看板はずした。

1400年前、聖徳太子が起源である四天王寺国際仏教大
(大阪)も、校名を四天王寺大に改めるという。

私学として生き残りをかけた施策?大学という経営や
就職などのイメージ作りに「仏教」が、どうやらマイナスの
様子らしい。

だからといってインドに仏教大学が再興されても暑くて
勉強できないかも・・・?

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください