ひとえに人徳



友人のお父様と偶然お目にかかりました。

伝教大師から連綿と伝わる法灯を継承されて
「忘己利他」の祖訓を胸に天台宗の第256世の
座主に上任なされました。

和尚の寺は、真言宗・弘法大師(空海)ですが、
平安時代の仏教を支えた、もう一方が天台宗の
伝教大師(最澄)です。

その1200年の伝灯を受け継がれて、天台宗の
最高位に就かれたのです。

とはいうものの、天台宗の座主さまは、終身の
おつとめで、御年90歳でのお役は「激務」という
表現がピッタリです。

品の良いどんな方も一目で魅了してしまう
「スマイル」は、お人柄そのものですね。

京都の底冷えする寒さも大変なことと心配して
おります。
ご法体を大切にされておつとめくださいませ。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to ひとえに人徳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください